特許機器株式会社
HOME お問い合わせ サイトマップ English
新製品案内 製品案内 技術案内 振動対策事例 カタログ
制振装置
アクティブ制振装置
ωシリーズ
アクティブ制振装置ω series
 
アクティブの仕組み
アクテイブ制振装置は建物の振動情報をセンサーに取り込み、建物が受けている振動とは逆向きに制御された信号に基づいてサーボモーターが重りを駆動させ振動を低減させるシステムです。
水平方向の振動対策制振装置
建物の交通振動障害概要
幹線道路や高架道路の近傍に立地する建物は車両走行による交通振動障害が発生しやすい。これは道路上の振動が地盤を伝播し建物の水平固有周期で振動増幅させることが原因です。更地の段階では振動を感じなくても、建物を建設した場合、上階にいくほど横揺れが大きくなっていると感じるのはこのためです。
ωAD-H/ω2の特徴
制振効果はその振動性状によって違いはありますが1/3〜1/4の低減効果が見込めます。またシステムの心臓部である制御系にはこのクラス最強の小型アクティブ制御器を搭載し、実装スペースの極小化を実現しており、既存建物への装着も可能です。
垂直方向の振動対策制振装置
生産設備機器から発する振動により、床の上下方向振動障害が発生。その影響で設備防振対策の効果が十分得られない場合があります。ωADで床の上下振動を押さえることで、作業環境がよくなり、床構造体の負担が減りました。そのため設備防振対策の効果得られ、生産能力を上げることができます。
生産設備の回転数が常時可変する場合、ωAD-120Vは可変する強制振動周波数に制振効果を発揮させる、周波数追従対応ができます。
エアロビクス振動障害概要
健康管理意識の高まりからエアロビクスなど運動施設を併設する建物が増えています。集団で行う運動は、しばしば予想以上の振動となり隣接するフロアーはもとより思わぬところで障害になるケースがあります。エアロビ運動は数十名規模でリズム跳躍を行うことからパッシブ制振装置では対策が難しいとされています。
ωAD-Vの特徴
効率・小型化を目的とし、稼動質量を金属コイルバネで支持することにより共振系を構成しています。又、駆動方式に関しては、ACサーボモーター+ボールネジ方式を採用しました。
ωAD-Vの仕組み
ωAD-Vの仕組みはωAD-Hと基本的に変わりません。AD-Hタイプが水平駆動であるのに対してAD-Vタイプは垂直駆動です。
 
Copyright(c)2004. TOKKYOKIKI CORPORATION All Right Reserved.