特許機器株式会社
HOME お問い合わせ サイトマップ English
新製品案内 製品案内 技術案内 振動対策事例 カタログ
制振装置
パッシブ制振装置
mDシリーズ
パッシブ制振装置mD series
ロングスパン床の制振装置mD-V
mD-Vは床構造の振動を低減させる目的で、マスとバネとダンパー(粘性機構)のシンプルな構成で低コストと省スペースを実現したパッシブ制振装置です。天井面の梁懐に収納できるためデッドスペースを発生させません。姉妹機として階段用や屋内ブリッジ用も準備しております。
特長
制振効果は対象の振動性状によって違いはありますが1/2〜1/3の低減効果を安定して得ることが可能です。また、データ上の低減量以上に体感レベルでの効果が大きいのが特徴です。ロングスパン床の振動対策には必須のシステムで、歩行時の揺れを抑えます。
コンパクト設計で梁懐に収納でき新たに取付け場所を必要としません。
特別なメンテナンスはいりません。
標準水平2軸制振装置mD2
特長
1つの装置で水平方向2軸の制御が可能です。
部材構成の単純化→製作費用の低減。
コイルバネと調整用ダンパーによる最適制振状態設定が可能で調整作業が容易です。
小断面→床構造への組込み可能です。
:mD2 OFF
:mD2 ON

振動加速度レベルを1/3以下に低減。
参考:10dB減少で1/3に低減。 
人体に感じやすい振動数帯域は
3〜8Hz。
(日本建築学会:建築物の振動に関する居住性能の評価指針による。)
 
Copyright(c)2004. TOKKYOKIKI CORPORATION All Right Reserved.